スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紙飛行機のように

猫の中で、おばあさんは折り紙職人の神様と呼ばれていた。
春の風と月の明かりが優しく射し込む部屋の中、職人のように手馴れた手つきで緑色の紙を折りあげると、瞬く間に猫ができあがった。
緑色の猫は鳴き声も上げずテーブルの上に座り込むとじっと猫の方を見つめている。
おばあさんは、青色の紙を川の流れのような手つきで折りあげると、瞬く間に千羽鶴ができあがった。青色の鶴は平和の願いを込めながら、窓の外の白い月を見上げていた。
折り紙職人は、赤色の紙を胸いっぱいの愛を込めるような手つきで折りあげると、瞬く間に紙飛行機が織り上がった。
猫がふっと息をかけると、赤色の紙飛行機は窓の外へ飛び立った。
月へ向かう赤い翼を、猫は好奇の目で追っていた。
その横顔は、折り紙の猫に似て緑がかっていた。


人は紙飛行機のように
折られ投げられ
折り合いつけて流れてく

空の中で枠には収まらず
行き先も定まらず

人は紙飛行機のように
折り合い投げ合い
折り重なって飛んで行く

風の中で楽には収まらず
行き先も定まらず

上に上がったり
時には後ろに下がったり
いつも風の悪戯に
振り回されてしまうから
行き着く場所さえわからない

人は紙飛行機のように
寄り添って
寄り重なって飛んで行く
僕らはみんな紙切れではあるけれど
それなりの自由がある

飛んで舞って弧を描いたり
沈んで待って夢を描いたり
いつも神の悪戯に
振り回されてしまうから
たどり着く時さえわからない

僕らはみんな紙切れではあるけれど
それなりの意志がある

人は紙飛行機のように
当てのない空の中を
儚い翼で飛んでいく

風に乗って進んだり
風に戻され休んだり
飛んで舞って
いつかは落ちていく

僕らはみんな紙くずにはなるけれど
それまでの自由がある

人は紙飛行機のように
当てもない空の中を
儚い翼で飛んでいく
スポンサーサイト

Comment

春の風と月の明かりが優しく射し込む部屋の中で、おばあさんが折り紙を折ると、猫ができるなんて・・・まずそこで幻想的な美しさとびっくりで感心します。
そして本文の「折り紙」を折り合いをつけて・・とかけてあるセンスのよさにまた感心しします。
「人は紙飛行機のように・・・」
「僕らはみんな・・・」
といきなり切り替わる視点がステレオ放送のように深みを加えているところにまた感心。
そして最後の3行に深く頷いて、そして飛んでいく紙飛行機を見送っているような気分にさせられる感心づくしの美味しい詩だとおもいました。

ありがとうございます

あおはさん、コメントありがとうございます。
一枚の紙切れから、色々な形ある物や、命ある生き物を作り出す…。
そんな折り紙師は、とても素敵だなと思います。
形ないものから形を、命ないものから命に似たものを作り出す…。
やはりそれは、とても人間的な作業に感じられ、強い憧れを覚えます。
物に魂が宿ったり… そうしたお話は結構好きですv

ステレオ放送のような深み…
うれしいですvv たくさん美味しく感じてもらえて(笑…)
紙飛行機を想い浮かべていると、色々楽しく、色々切なく比喩が浮かび、紙飛行機って人間だなと思えてきました^^;
全体として自分でもとても気に入った言い回し、気に入った詩になりましたv

こんばんわ

今日はゆっくりとした日曜日でした。
部屋の中にずっといたのですが、窓を全開にあけて、心地よい風を感じながらオレンジペコを飲んでました^-^@ ちなみにBGMも「オレンジペコ」ですw(知ってるかな?

もうすぐ熱い季節になってしまうので、今のこの季節を大切にしなくちゃいけませんね、

ゆったりする時間は本当に「幸せ」を感じますね。

アイスのオレンジペコが胸に染みましたww

黄羅さんへ

こんばんわ

曜日の感覚が薄れていく自分の中で、今日が日曜日であることを、曜日の中の王様であることを閉め切った窓の中で確かめながら『雨のち雨のち雨』を聴いています。

ゆったりする時間に心をゆったりできることは、いつもの日常が充実した速度の中で過ごされている証なのかもしれませんねv
この季節は、本当に大切に過ごさなければならないと思います。
焼け焦げるような夏の中で、この小さな部屋の中で、変わらず詩を書くことができるのか…
照りつける夏の陽射しの下で、打ちつける夏の雨の中で…
それが、一番の心配事です。

ごめんなさい「オレンジペコ」はわかりませんでした^^;

お久しぶりです

ここではお久しぶりです。
素敵な詩ですね。
まさにその通りだと思いました。
人はどこまでも紙飛行機のようで、
だけど、意志や自由がある…
とても素敵です。

また遊びに来ます^^

トコさんへ

お久しぶりです
この場所では^^

なんて人間は紙飛行機そっくりなのでしょうか^^;
あまりに似ているために、驚きの中に少し切なさを覚えるほどです…。
もっともその切なさの正体は、自分が最も望んで追いかけている謎でもあるのですが…。

素敵に想ってもらえてうれしいですvv

こんにちは

はしめまして。
紹介文に興味を引かれてやって参りました。
おもしろい構成ですね、こういったの大好きです。
勝手にリンクさせていただきますので、不都合あれば一言くださいませ。
ではでは。。

あまのじゃくさんへ

はじめまして。こんにちは。

興味のロープを引いてもらってありがとうございます。
いつも紹介文の中で、何を紹介すれば関心を持ってもらえるのだろうか…?
と考えているところです。

中身を充実させることを考える方が大事かもしれませんが(笑…)
面白く思ってもらえて光栄ですvv
まだまだ手探りでやっております^^;

リンクの方、ありがとうございますv
1ナノの不都合さえ見当たりません。
こちらからも貼らせていただきますね^^
非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク(相互、片道、色々…)
最近の作品
最近のコメント
プロフィール

junsora(望光憂輔)

Author:junsora(望光憂輔)

おかしな比喩を探し求める内に
いつしか詩を書きはじめました
たいした意味などありゃしない


旅の途中の紙くずたち
今日も散らばって行こう
いつも破り捨てられても

猫と婆とそんな横顔はリンクフリー
「喜多さん、いいとこばっかじゃねえか」

最近のTB / 返詩
そんなカテゴリー
折り返し地点

『折句ストレート』

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリー素材のある場所

・天の欠片
・e-素材web
・素材屋さんromance.com
・アイコンワールド




RSSフィード
月別アーカイブ
フリースペース

フリー百科事典
『ウィキペディア』












































 

「行き先のないバスに乗って
 あてのない旅をしています」

「僕たちは心の旅をまだ
 始めたばかりなんです」



「この場所は自由な場所。
 本当に自由すぎる」
「でもまだ足りないんです」





「春の足音を、
 しばらく前に、聞きました。
 私はもうとけてゆきます」
「大いなる誤解が
 とけていく速度で…」






『落書き』

偶然たどり着いたこの場所
あなたは何を探していたのです

求めるものと目の前にあるもの
それはどれほど違っていても
みかんの色は変わるのです

あなたという存在が
あなたを囲む海や人や森が
歌い励まし騙し傷つける頃
空想の世界の中で
生まれ変わるならば
いつかそれは
求めるものと同じであったか
近づいていくこともあるのでしょう

偶然目に触れた落書きに
こんなことが書いてあるとは
思わなかったでしょう
だからそれを望んで
これを書いたのです

少し時間を
無駄にさせてしまったね






『空白の壁ときみ』

壁が空いているから
ここを詩で埋めようかな

何も書くことはないけれど
何もない時だって
詩を書いていいんだよ

何もなくても
聴きたいときがある
きみの声を

点滅するバスは
行き先を決めかねているけど
もう詩は出発したよ

年中融けない雪だるまが
上で見てるんだ
これでまた融けにくくなった

壁が空いているから
サンドイッチのない詩を
猫に内緒で書いてる

見つかると嫉妬するからね

寝静まった頃静かに書いて
きみもやっぱり静かに読む

見知らぬきみ
またここで落ち合おう

きみの空いてる時間にね






『そんな横顔』

獣のような 大声で
どこかで 叫んだケダモノ
気高さを保ったまま
毛玉を嫌う ケダモノ
そんな生き物が いるのだろうか

僕らは 
不思議な生き物を見るような目で
不思議な生き物を眺めるんだ

1000年前から生きてるみたいに
落ち着いて 慌てない
何でも知ってるような
そんな横顔で
質問には 答えることもない

それでも 僕らは
昨日生まれた ばかりのような
そんな横顔 してたんだから
不思議な生き物 眺めるような
そんな横顔 してたんだから






『片隅』

ノートの片隅に
詩を書いている
誰に見せる
あてもない

頭の片隅に
詩を留めている
未だ現れる
気配はない

カフェの片隅で
詩を書いている
誰に会う
約束もない

世界の片隅で
詩と向き合っている
そうしていると
寂しくもない






『できそこない道』

完成することのない
できそこない道を
僕は歩いている

進んでいるのか
戻っているのか
それさえわからない

それでもかえれない
できそこない道を
僕は歩いている

つまずくことばかり
挫けることばかり
たどりつくこともない

どこにもかえれない
できそこない道を
僕は歩いている






『なきうた』

理由もなく
泣きたくなるのです

二月が終わる頃になると
遥かなる距離を越えて
オレンジの光が
届いたのを知った時

理由もなく
泣きたくなるのです

小さな息吹が
青白い風の中に
溶け込む匂いを知った時

私は生まれるよりも
遥か前のことを
思い出しながら

理由もなく涙を流し
歌わねばならない
という理由において
歌うのです

遠い過去の人である
私の声が
あなたの元へ届く日を
想像したりしながら
























ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。