スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別れの時間

読んでいる本に、どうものめり込めない。
タイトルが空想的なのに、中身がごく日常的な内容であるためだろうか?
いや普通の日常の中に、気がつけばいつの間にか空想的な要素があふれている、そんなお話ではないか、集中して読めばきっと面白い。
けれども、どうしても入り込めない。
どうして本のタイトルを先に読んでしまったのだろう?
後悔の矛先は明らかに間違っているが、改まった町の名前のように頭の中を違和感だけが駆け回っている。
何か違う、何か……。

「あの頃、満州でね……」
「連合軍がね…… GHQがね……」
今時ではない話が、隣の席から流れてくる。
話しているのは、現代の高校生ではあり得なかった。

「……女学校を出てね」
「職業軍人だったから……」
一つ一つが、聞き慣れない単語だった。
メガネをかけたお洒落な感じのおばあさん。といってもそんなにおばあさんにも見えない。

「召集されなかったの」
「二等兵で…… 38度線でね」
本を開いてはいたが、もうとっくに読んではいなかった。
隣の席だけを見て、隣の話だけを聞いていた。

「おまえたちのためにどついているんだ。
 おまえたちを鍛えるためにどついているんだ。
 そう言われ続けてきたから……」
おじいさんは、昨日の出来事のように話す。
「立場が変わったとしても、同じようにしたんだ。
 何の疑いも、なかったんだよ」
ずっと言われ続けていたら、何だかそんな気がする。
今、この瞬間でさえ、僕はそんな気がしてしまった。

「……、一億玉砕といって……」
「軍事裁判では…… で死刑になってしまったの」
なんで……。ひどいよ。
命令には、絶対に背けなかったのにね……。

「みんなが終わった後、私ひとりでゆっくり食べるのが何よりの楽しみなの」
「私ね、寂しいということがわからないの。
 小さい時からそうよ」
ああ、おばあさん、わかるよ。とても、わかるよ。
「寂しいって、どうしてでしょう?
 ひとりで帰ってきて、家の鍵開けてね。
 板切れにびーだまでしょ。今で言うスマートボールかしら?」
うん。雰囲気だけわかるような気がするよ。

「日が暮れ始めると早いね」
「ええ、ほんとね。
 西日が傾き始めると早いですね」
「じゃあ、そろそろこのあたりで……」
延々と続くと思えたお話は、意外にあっさりと終わってしまった。
なんてクールな別れ方なのだろう……。

二人が喫茶店を出て行くと、一冊の本を閉じた時のように急に現実の世界が戻ってきた。
読みかけの本を、再び開く。
何気ない日常の中から、空想が立ち上がるお話だ。



     *


ついこの前までは、夏のセールを歌っていたのに、今それは店じまいの旗に変わっている。
この家具屋が生まれてから、どれだけの歳月が流れたことだろう。
一度だけ、ここで本棚を買ったことがあった。あれはこの町に越してきてまだ間もない夏の頃だったろうか。店のおじいさんが、家の前まで届けてくれたのだった。あの本棚はもういっぱいだから、そろそろ新しい本棚も欲しいと思うのだけれど、今ここで家具屋に入る気持ちにはどうしてかなれなかった。
最後の客は、どんな人だろう?
ずっと店の前で番をしていた犬の指定席も、最近は透き通ったままである。
店じまいセールはいつ頃まで続くのだろうか。サマーバーゲンくらいに続くのだろうか。それとも、もっと長く続くのかもしれない。
西日に顔を向けた旗は、少し傾きながら、風の中で歌い続けていた。
さよなら、さよなら……。




スポンサーサイト

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

生みの苦しみ

お婆さんは、餅になって待っていた。
呼ばれることを待っているはずなのに、餅になっているとなぜが自分が食べられることを待っているような気がしてきた。
食べ物の姿になって、初めて食べられる身の気持ちがわかり始めたのである。
「204番のカードでお待ちの方!」
過去の記憶を頼りに、はい、と返事をしたけれど、餅になっているためうまく声が出せない。微かに皮の表面をぶるぶると震わせることが精一杯であり、それさえも錯覚にすぎないのかもしれない。餅になっているということは、不安の中に閉じ込められているということでもあった。

「はい! はい!」
お婆さんは、喉を振り絞って声を出した。私は、ここです。これが私です。
けれども、いくら振り絞ってみたところで、言葉のたまご一つ、お婆さんは生み出すことができなかった。
205番のカードでお待ちの方。206番のカードでお待ちの方。207番のカードでお待ちの方……。
お待ちの方が、次々と呼ばれ、お餅であるお婆さんを追い越しては席に着いて行く様子をただじっと見守っていると、わんわんと泣き出したくなったが、そうすることができないということも、もう既に気づいていたのである。
お婆さんは、徐々にぷっくらと膨らみ始めた。泣くことはできなかったが、膨らむことはできた。それはお婆さんの内なる炎がメラメラと燃えていたためであった。

猫は、おいしそうな匂いに吸い寄せられるように、餅に近づいてきた。
ぷっくらと膨らんだ餅を、ぱくりと呑み込んだ。
そして、口の周りをぺろりと舐めた。



私が私であった頃
あなたは私を知っていた

けれども私は
私だったろうか

私が私であった頃
あなたは私を愛してた

けれどもあなたは
知っていただろうか

私が私であった頃
もう一人の私が私の
影から私を見ていた

私はある時
私を失いあなたは
私を去った

私は
今はここに
いる

見つけることは
できますか

変わってしまった

今の
私を




「204番のものです」
猫がしゃがれた声で言った。
けれども、受付の人は聞こえないふりをしている。

「私が204番ですが」
椅子から立ち上がりながら、なおも猫は言った。
言いながらも、猫のお腹はどんどん膨らんでいた。
受付の人は席を立ち、後ろの方へ下がってしまった。
猫は、膨らんだお腹をしきりに叩いている。和楽器のように良い音がする。
さっき食べた餅が、どうやらお腹の中で、何かを主張しているようだった。
受付の人が戻ってくると、猫に容赦なくコショーを振りかけた。避ける暇もない素早さに、流石の猫も堪忍した。

その横顔は、降り注ぐのりたまをじっと受け入れている白ご飯のようだった。


猫が吐き出した餅は、まだまだ膨らんでいてやがて見上げるほどになると、猫はじりじりと後じさりし始めた。
ボーンッと音が弾けると、餅の中からお婆さんが生まれ、猫はその場でひっくり返った。
「204番のものです」
早速、お婆さんは席に着く。今度は、本当のお婆さんだった。







テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

工場見学

朝から晩まで作っているのである。休憩時間を挟んだり挟まなかったりして作り続けているのである。雨の日も小雨の日も大雨の日だって作り続けているのである。
降る日も降る日も、来る日も来る日も作り続けて、そうして何百年と続いてきているのである。
そういうことになっているのである。

「今日の仕事は明日に残さず!」
  「残った仕事は今日の間に!」
    「考えるより、とにかく動け!」
      「口より体、とにかく動け!」
        「準備を笑うものは順番に泣く!」
          「動く前に、よく考える!」
            「言ったことは、てこでも守る!」

工場長が社訓を大きな声でのたまうと、それに続いて従業員が社訓を繰り返す。ピリピリとした朝の空気の中で、厳かに繰り返される。社訓は全部で7つあって何百年と続いている社訓であった。毎日繰り返されることだから、もはやすべての従業員の頭の中にすっぽりと入っているものでありながら、それでいて一日も欠かすことなく続けられているのは、人間の忘れやすさに配慮しているというよりも、古くからの伝統を重んじる工場の儀式として定着しているためであった。社訓が終わると、次は準備体操である。

その頃、副工場長は屋根裏ですやすやとしていた。

怪我のないように念を入れてやること。工場長の指示によって準備体操は世界中のどの工場よりも念入りに行われる。
まずは足の指先から行われる。それが済むと、今度は反対の足の指先である。それが済むと爪先を全体的にほぐすのだ。そうして足の裏、踵、足の甲の部分、足首へと進む。工場長の目が、いたるところで厳しく光っていて、準備体操だからといって少しでも手を抜こうものなら、それは準備不足に当たると言って社訓を述べるところからやり直させられたり、工場の周りを3周させられたりするのであった。たかだか3周といっても、大きな工場であるため、朝一番の運動としてはとても厳しく、小さな村なら村一周にも匹敵する。中には、地球7周にも勝ると主張するものも、過去にはいた。その何人かは、引退したり他所の国へ移住したりして、もはやここにいない人々であった。
準備体操は、足の指先から始まって少しずつ少しずつ1円玉が貯まっていくような速さで這い上がっていき、膝まで到達すると一旦休憩となる。

その頃、副工場長は一足遅く下りて来て、皆の顔を見てまわっている。

準備体操が再開されると、もう一度足の指先から始まることになる。
休んだ間の勘を取り戻すためには、それが運動学的にいって最も正しいやり方なのである。けれども、そこは一度ほぐされている箇所だけあって、やはり最初と全く同じというわけではなく、多少軽めに、ペースを速め行うため思ったよりは早く膝の部分まで到達する。そして膝の部分というのは準備体操の中でも最も重要視され、最も時間を費やす部分であって、準備体操の大半の時間を占めていると言ってもさほど過言ではないのであった。膝の部分が終わると、準備体操はそこからいよいよ頭の天辺へ向けて一気に駆け上がっていくのだ。
そうして準備体操は念入りに行われ、終わったところでいつも昼休みになる。少し手前で終わってしまう日もあるにはあるが、そうした日であってもだいたいそのまま昼休みになるのが慣例であった。

工場が、本格的に動き出すのは、昼からである。
「さて、来週はいよいよ工場見学があります!」

工場長が、発表すると、従業員の顔は皆一様にレンガのように固くなった。
レンガはキョロキョロと他のレンガを見回し、無数のレンガが工場内で交じり合った。
そして、今にもそれは冷たくひび割れ、壊れてかけそうなのだった。
誰一人として、何も言わずモアイ像の親類のように地面にくっついていた。
ただ、副工場長だけがペタペタと工場内を歩き回っていた。
あまりに静かであったため、そのペタペタは、工場の隅々までも、
響いた。



準備を積んで積んで
僕らは強くなる

第一関節から
ぼちぼちと
強くなる

準備の煉瓦を
積み上げて
さあ今日も
鉄くずの街へ出かけよう

準備を呑んで呑んで
僕らは影になる

第一候補から
ばちばちと
散っていく

準備の不安を
呑み込んで
さあ今日も
人形の街へ出かけよう

準備準備準備
準備準備準備準備
準備準備準備

まだまだ準備
まだまだ準備

準備準備準備準備
準備準備準備準備準備
準備準備準備準備

さあさあさあさあ
さてさてさてさて

何かに創られた
僕らだからさ
きっと何かを
創り出せるだろう

さあ諸君

生産ラインを確保せよ

準備はいいかい




「子供を騙せるだろうか?」
      髭が、鉄を叩きながら言った。

さあ、どうだろうかと、メガネがメガネの向こう側を曇らせる。
大人は騙せてもな……。長身が泥を丸めながら、口の中で言葉を噛んでいる。
騙せっこないっしょ。太っ腹が小麦粉にトントンしながら語りかけた。
おおかみよ。長老が石を撫でながら静かに吼えた。

「俺たち何にも作ってないもーん!」
            ぶっちゃけ馬が嘶いた。

髭も、メガネも、長身も、太っ腹も、長老も、ぶっちゃけ馬も、みんな家の人にうそをついていた。
うそをついて、つき続けて毎日工場にやってきていた。それは優しいうそだった。それは厳しいうそだった。家の人を安心させたいという同じ思いからみんなみんなうそつきになっていたのだった。いつからそうなったのか、それは誰にもわからなかった。最近になってからの話のようでもあったし、遥か昔から、あるいは最初の最初から何もかもがうそで始まったようでもあった。願わくば誰かが傷つくことのないうそであってほしい、そしていつかうそから本当が生まれたら、幸せか何かに変わったらいい、そのような思いの中で、今日まで静かにうそは続いていたのだ。

工場見学。
その横顔は、真の星から飛来する隕石のようなものだった。
無数に射し込んで来る光の帯を、みんなが恐れていた。

「何かを作っているように、
 一生懸命に、
 見せること」

工場長が、社訓を歌うように言った。
けれども、誰も言葉を繰り返すことはなかった。
猫だけが、お婆さんの足下に擦り寄ってきて、
小さく鳴いた。






テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

キミを探して

「もうあげないよ」

と言っても、猫はまだついてくる。
振り返り、もうないんだよ、と言うと猫はじっと黙って聞いている。
けれども、歩き始めると、猫も後ろをついてくるのだった。


     ☆     ☆     ☆


遠足なんて、なくなってしまえばいいのだ。
どこまでも青く澄んだ空を見ながら、タカシはひとり思っていた。どこまで行っても、どうせ同じことだ。結局、元の場所に帰って来るだけ。そう考えると、準備をするのも馬鹿馬鹿しくなってくる。それでも、一つのコインを握り締めて、やってきた。
今、タカシは数あるお菓子の中から、遠足のお菓子を選ぶところだ。
菓子なんて、みんな一緒じゃないか!
数あるお菓子を見比べながら、タカシはまたおかしな気持ちになるのだった。
ポテトチップスのような奴、カールのような奴、じゃがりこのような奴、ガーナチョコレートのような奴、雪の宿のような奴、ハッピーターンのような奴、チーズビットのような奴、ポッキーのような奴、よっちゃんのような奴……。
みんな前に誰かが作ったようなものばかり、みんな前に誰かが口にしたようなものばかり、菓子なんてどれも同じだ。
そして、菓子なんてみんな同じだ、という言葉もきっと昨日誰かが言ったのと同じなのだ。
そして、菓子なんてみんな同じだ、という言葉もきっと昨日誰かが言ったのと同じなのだ、という言葉も、もうとっくに誰かが言ったのだ。
そして、菓子なんてみんな同じだ、という言葉もきっと昨日誰かが言ったのと同じなのだ、という言葉も、もうとっくに誰かが言ったのだ、という言葉なんかも、やっぱり誰かが既に言っているのだ。
どこまでも、どこまでいっても、言葉は追いかけてくる。世界一速い乗り物でも、言葉を振り切ることはできないだろう。人間である以上、無理なのだろう。
僕は、どうすればいい。何を選ぶ? 何を、口にする……。


     ☆     ☆     ☆


「ひとつ食べる?」

チーズビットをつまみながら、歩いていると、迷子の猫に会った。
猫は、うまそうにチーズビットを食べた。よほどお腹を空かせているようだった。
それから味をしめて、猫はひょろひょろとついてきた。
もうひとつくれ。何度でも、猫はそう言った。
どこまでも、どこまでも追いかけてきた。



忙しすぎる毎日の雨の中で
僕はキミだけに
パズルという名の手紙を出すだろう

決めつけられない
星たちの反応も
待つだけでは優しい形にならない
海の影絵のように

もう僕を陽気にするものたちは
湖に沈んだ黒い太陽が持ち去った

11月の雨が無知すぎるから
火星の砂時計は
クジラと踊る回り道ばかり

パンでできた机の足は
思い出の鍵でかけ合わせてしまえば
ハムスターの小さな屈折よりも
遥かに幸せには似ていたけれど

誘惑の五段活用を
ソナタの指先でトッピングしてまで
耐えたかさぶたのスープは
猫の気まぐれなウインクだけで
白くなってしまったよ

決して誓わない時計の針は
縮れた言葉のあやとりと
汽車を待つ鬼のじゃれあいの中で
飛行機雲の後編のように浮いているだけ

今はもう歌う人もいなくなった
人が人でなくなるように
いなくなってしまった

いつかクローンがやってきて
電波ジャックをやり遂げるのさ

キミはクイーンよりも強いライオン
育てているのは地球のレプリカではない
たったひとりの猫だった

忙しすぎる毎日の横殴りの中で
僕はきっと突き刺すだろう
夕焼けのパズルに託した水色の手紙を

さよなら

さよなら

キミと さよなら

さよなら キミを

探しにいくよ




「うちの子が来てないでしょうか?」

お婆さんは、額に汗を滲ませながら、訊いた。
今日はお見えになっていません、とキャットカフェのマスターはふにゃっと笑う。
「これだけ、いると大変ですね。
 中には、言うことを聞かないのもいるでしょう」
すると、マスターは笑顔を保ったまま、
「言うことを聞く者など、一匹たりともおりません。
 それでこそ猫というものです」
と言う。猫の話をするマスターは、とても楽しそうだ。
「それに猫は、みんなそれぞれなのです。
 兄弟でさえも、まったく違う猫の道を進みます」
はあはあ、そういうものですかね。
床に、天井に、テーブルの上に下に、椅子の上に下に、窓の中に外に、額縁の中に外に、コーヒーカップの中に外に、ありとあらゆるところに無数の猫がポジショニングしていた。
けれども、お婆さんの想う猫だけが、いなかった。


猫というものは、そういうものだろうか……。
お婆さんは、キャットカフェを出た後、マスターの言葉を回想しながら、赤く染まる空を見上げながら考えていた。
そういうものと言ってしまえば、そういうものかもしれない。
けれども、そういうものでもあってそういうものでもないのが、猫ではないだろうか。
お婆さんは、だんだんわからなくなってきた。そして、空はだんだん暗くなってきて、あれほど青かったのがうそだったみたいに暗くなってきて、いつかお婆さんは知らない道の上をひとり歩いているのだった。
「おーい、****!」
知らない道の向こうに向けて、猫の名を呼んだ。
空の中に、浮かぶはずのない猫が、青く浮かび上がった。

その横顔は、遥か遠く使い回しの空絵の上で、ただ一つ命のように揺れていた。



     ☆     ☆     ☆


どっか行けと言っても、猫はどこまでも追いかけてきた。
とうとうタカシの家の前まで来てしまった。
チーズビットは、もうすっかりない。

「家で食べていく?」

猫の方を向いて言った。
歩み寄って、抱かかえようと腰を屈めた。
けれども、猫は剣の一突きから逃れるように、素早く後じさりした。
それから、身を翻すと一目散に駆けて行った。
闇の中に見えなくなるまで、一度も、止まることも振り返ることもなかった。
何かを思い出したように、猫は、駆けて行った。



テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク(相互、片道、色々…)
最近の作品
最近のコメント
プロフィール

junsora(望光憂輔)

Author:junsora(望光憂輔)

おかしな比喩を探し求める内に
いつしか詩を書きはじめました
たいした意味などありゃしない


旅の途中の紙くずたち
今日も散らばって行こう
いつも破り捨てられても

猫と婆とそんな横顔はリンクフリー
「喜多さん、いいとこばっかじゃねえか」

最近のTB / 返詩
そんなカテゴリー
折り返し地点

『折句ストレート』

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリー素材のある場所

・天の欠片
・e-素材web
・素材屋さんromance.com
・アイコンワールド




RSSフィード
月別アーカイブ
フリースペース

フリー百科事典
『ウィキペディア』












































 

「行き先のないバスに乗って
 あてのない旅をしています」

「僕たちは心の旅をまだ
 始めたばかりなんです」



「この場所は自由な場所。
 本当に自由すぎる」
「でもまだ足りないんです」





「春の足音を、
 しばらく前に、聞きました。
 私はもうとけてゆきます」
「大いなる誤解が
 とけていく速度で…」






『落書き』

偶然たどり着いたこの場所
あなたは何を探していたのです

求めるものと目の前にあるもの
それはどれほど違っていても
みかんの色は変わるのです

あなたという存在が
あなたを囲む海や人や森が
歌い励まし騙し傷つける頃
空想の世界の中で
生まれ変わるならば
いつかそれは
求めるものと同じであったか
近づいていくこともあるのでしょう

偶然目に触れた落書きに
こんなことが書いてあるとは
思わなかったでしょう
だからそれを望んで
これを書いたのです

少し時間を
無駄にさせてしまったね






『空白の壁ときみ』

壁が空いているから
ここを詩で埋めようかな

何も書くことはないけれど
何もない時だって
詩を書いていいんだよ

何もなくても
聴きたいときがある
きみの声を

点滅するバスは
行き先を決めかねているけど
もう詩は出発したよ

年中融けない雪だるまが
上で見てるんだ
これでまた融けにくくなった

壁が空いているから
サンドイッチのない詩を
猫に内緒で書いてる

見つかると嫉妬するからね

寝静まった頃静かに書いて
きみもやっぱり静かに読む

見知らぬきみ
またここで落ち合おう

きみの空いてる時間にね






『そんな横顔』

獣のような 大声で
どこかで 叫んだケダモノ
気高さを保ったまま
毛玉を嫌う ケダモノ
そんな生き物が いるのだろうか

僕らは 
不思議な生き物を見るような目で
不思議な生き物を眺めるんだ

1000年前から生きてるみたいに
落ち着いて 慌てない
何でも知ってるような
そんな横顔で
質問には 答えることもない

それでも 僕らは
昨日生まれた ばかりのような
そんな横顔 してたんだから
不思議な生き物 眺めるような
そんな横顔 してたんだから






『片隅』

ノートの片隅に
詩を書いている
誰に見せる
あてもない

頭の片隅に
詩を留めている
未だ現れる
気配はない

カフェの片隅で
詩を書いている
誰に会う
約束もない

世界の片隅で
詩と向き合っている
そうしていると
寂しくもない






『できそこない道』

完成することのない
できそこない道を
僕は歩いている

進んでいるのか
戻っているのか
それさえわからない

それでもかえれない
できそこない道を
僕は歩いている

つまずくことばかり
挫けることばかり
たどりつくこともない

どこにもかえれない
できそこない道を
僕は歩いている






『なきうた』

理由もなく
泣きたくなるのです

二月が終わる頃になると
遥かなる距離を越えて
オレンジの光が
届いたのを知った時

理由もなく
泣きたくなるのです

小さな息吹が
青白い風の中に
溶け込む匂いを知った時

私は生まれるよりも
遥か前のことを
思い出しながら

理由もなく涙を流し
歌わねばならない
という理由において
歌うのです

遠い過去の人である
私の声が
あなたの元へ届く日を
想像したりしながら
























ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。